ケラシアクリニックではすべての患者様に常にベストな選択を提案し、ていねいに時間をかけて施術を行います。

再生医療、美容外科、美容皮膚科、美容内科のケラシアクリニック銀座

ヒアルロン酸注射による隆鼻術

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは人の関節や目、皮膚などに存在する透明なゼリー状の物質です。

もともと人体の中にある物質なので、体内に注射をしても安全です。ヒアルロン酸は保水性に優れており、皮膚に張りと潤いを与えます。

また、このヒアルロン酸を注入しボリュームを出すことで、、

お手軽にプチ整形が可能です

鼻筋を通したり、顎を出したり、額を丸く、涙袋を作るといったプチ整形が可能です。

若返り注射も可能です

法令線を浅くする、こけた頬をふっくらさせるといったことも可能です。
また保水性に富んだヒアルロン酸を注入することで、注入部位の皮膚に張りと潤いを与えます。

鼻を高くするヒアルロン酸注射とは?

鼻は顔の中心にあるパーツなので、顔立ちの印象に大きく影響します。ヒアルロン酸を注射し、スッと鼻筋が通った美しい鼻にすることができます。

微妙な変化から劇的な変化まで、患者様のご要望に応じて注射をすることが可能です。

こんな方におすすめ

  • 手軽に鼻の高さを変えてみたい
  • 少しだけ、微調節したい
  • メスを使う手術はちょっと…と思う
  • なるべく、痛くない、腫れたくない
  • 自分に似合うか試したい

施術のポイント

ほとんど痛みなく、注射が可能です


ヒアルロン酸を注射する前に、表面麻酔をし、注射部位を冷やした後、細い針を使用して麻酔を含んだヒアルロン酸を注射するので、痛くなく、初めての方でも安心して、注射していただけます。

注射の際に、鈍針を使用し内出血を最小限に抑えるので、ほとんど腫れません


先端が丸くなっている特殊な針(鈍針)を使用することで、痛みや血流障害、また、血管を傷つけて内出血するリスクを抑えます。

患者様一人、一人のご希望にあわせて注射を行います


ご希望や状態に合わせてヒアルロン酸の濃度・量・注入部位などを調整することが可能です。施術中に何回も患者様が鏡を見ながら微調整をすることで、微妙なニュアンスにもお応えできます。また、万が一、気に入らない場合も溶かすことが可能です。

【施術名:ボトックス】
【施術内容】
使用したボトックスの種類
【リスク副作用ダウンタイム】
稀に注射部位に内出血、周辺部に赤みが出ることがあります。また、極稀に効果が強く出た場合、一時的に表情が変わってしまうこともありえます。これらの症状は時間の経過とともに解消されます。
【費用】
9,000円~298,000円
オプション
【注意事項】
メイクは施術30分後から可能。洗顔、シャワーは当日から可能。入浴は当日より可能だが溶けやすくなる為、1週間は控えて頂いた方がお勧め。

鼻を高くするヒアルロン酸注射の詳細

施術時間

15分

麻酔

表面麻酔

腫れ

注射後少し膨らみが生じます。稀に腫れることあり(個人差あり)

痛み

注射時、チクッとした軽い痛みがあることがあり

内出血:ほとんどありません。(稀に施術後1~2週間程、内出血により赤紫色になることがあり *個人差があります)

お顔への強いマッサージ: 1、2週間マッサージはお控えください

よくある質問

痛みに弱いのですが大丈夫でしょうか?

塗る麻酔を用い、また注射の直前にアイシングした後、麻酔成分を含んだヒアルロン酸を注射しますので、ほとんど痛みはありません。ご安心ください。

ヒアルロン酸はどのくらいで次の注射が必要になりますか?

ヒアルロン酸は少しずつ吸収されます。完全に吸収されるのは1年ほどです。持続効果には個人差があります。注入部分を良い状態に保つためには、半年毎の再注入が効果的です。

傷跡は残りますか?

針の跡だけなので、注入後はやや赤みがあるものの、すぐ消失します。針も極細のものを使用していますので、殆ど目立ちません。

ヒアルロン酸隆鼻術といっしょに行う、おすすめの手術

顎のヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を鼻と顎の両方に注入することで、Eラインを整え、横顔が美しく生まれ変わります。また、顎に高さが出ることで、フェイスラインがスッキリし、小顔効果も期待出来ます。

鼻先縮小手術(糸による)

糸により団子鼻をより細い鼻先に変化させることができます。

小鼻縮小術(埋没法/切開法)

小鼻を小さくし、すっきりした印象に!

更新日:

Copyright© 再生医療、美容外科、美容皮膚科、美容内科のケラシアクリニック銀座 , 2019 All Rights Reserved.