ケラシアクリニックではすべての患者様に常にベストな選択を提案し、ていねいに時間をかけて施術を行います。

再生医療、美容外科、美容皮膚科、美容内科のケラシアクリニック銀座

腰・腰下の脂肪吸引

脂肪吸引とは

小さな傷口から、カニューレと呼ばれる吸引管で直接、脂肪を取り除く手術です。

顔やふくらはぎ、二の腕など、人によって、頑張ってダイエットをしても、脂肪が落ちにくい場所が存在します。脂肪吸引は、お腹や太ももといった広範囲のみならず、部分やせにも威力を発揮します。

また、直接、脂肪細胞を取り除くため、リバウンドをしないのが特徴です。

こんな方におすすめ

  • 顔の脂肪を取りたい
  • 二重顎を改善したい
  • 腕を細くしたい
  • お腹の膨らみをなんとかしたい
  • 腰にくびれが欲しい
  • 足を細くしたい

施術のポイント

脂肪吸引はただ脂肪を吸引する治療ではありません。脂肪吸引は海外では、body sculpturing surgeryと呼ばれています。つまり、脂肪を削り、より魅力的なボディーラインを創造する手術なのです。このため術者には、解剖学的な知識と豊富な経験が必要です。

この点、井上医師は軽く1000例以上の脂肪吸引をこなしており、自信を持ってお勧めできます。

脂肪吸引できる箇所

頬/顎下


笑った時の頬の盛り上がりや、二重顎、丸い顔にとても効果的です。傷口は全て、目立たないところですので、傷跡はほとんどわかりません。

二の腕


ドレスやタンクトップなど、二の腕が細くないと似合わない服も、脂肪吸引後は自信を持って、着ることが可能になります。前から、または横から見て、全体的に腕が細くなり、力を入れると、皮膚越しに、筋肉のカットバックすら見えるように仕上げることも可能です。

お腹


上腹部、下腹部は最も、ニーズが高いところです、手術前から下腹部でたるみがある方の場合、たるみ取りも一緒にお勧めしております。

腰、腰下


腰、腰下の脂肪吸引で、引き締まったくびれとヒップアップをしたお尻を手に入れることができます。

太もも、ふくらはぎ


足を細く、長く見せることが可能です。傷口も下着に隠れる部分または踝からしますので、ほとんどわかりません。

腰・腰下の脂肪吸引の詳細

来院前

手術後、車やバイク、自転車などの運転はできません。公共交通機関またはタクシーで来院ください。

傷跡

背骨上に5~7ミリほど

手術時間

60分から90分

通院

手術2~3日後と5~7日後の2回、固定除去と抜糸のため、来院必要

抜糸

抜糸あり、術後5日~7日後に抜糸を行います

腫れ

1~2週間以内で落ち着きます

痛み

筋肉痛のような痛みが1週間程度ありますが徐々に落ち着いてきます(*個人差あります)

内出血:手術後1から2週間ぐらい、内出血により皮膚表面が黄色から赤紫になることがあります(*個人差あります)

洗髪/シャワー:施術部位を避けて手術後2日目から可

入浴:9日目から可

固定具:1~2ヵ月

激しいスポーツ:1ヵ月お控えください

腰・腰下の脂肪吸引といっしょに行う、おすすめの手術

顔の脂肪注

顔に脂肪注入することで、半永久的に顔のシワや輪郭を改善できます。

脂肪注入による豊胸

胸に脂肪を注入し、お胸を大きくします。

更新日:

Copyright© 再生医療、美容外科、美容皮膚科、美容内科のケラシアクリニック銀座 , 2019 All Rights Reserved.