銀座の美容整形、内科、外科、⽪膚科、再⽣治療ならケラシアクリニック

銀座ケラシアクリニック

脂肪注入による豊胸手術

脂肪注入による豊胸手術とは

豊胸術として、近年ではシリコンバッグに替わり、自分自身の脂肪を活用する方法に再び注目が集まっています。

日本では、乳腺外科の分野で乳癌の術後に自分の脂肪を移植する、脂肪注入の治療が正式に保険適応となり、正式の治療として認知されています。

脂肪注入において、重要なことは、採取した脂肪から、高濃度の脂肪幹細胞(コンデンスリッチファット)を抽出する技術です。

こんな方におすすめ

  • シリコンバッグの手術には抵抗がある
  • 触られた時に、手術したとバレたくない
  • 自然なボリュームアップがほしい
  • 胸を大きくしたいが2カップup以内である

施術のポイント

脂肪の定着率が大幅にアップ


従来から行われた、Coleman Methodに加え、何層かに分けて脂肪を注入することで、大幅に定着率がアップ(定着率60~70%)しました。

触りここちが自然


豊胸手術でバックを入れているほとんどの方が、触るとわかってしまいます。
脂肪注入豊胸は、触りごごちが自然で、パートナーに触られても手術したとバレません。

しこり、脂肪壊死がおこりにくい


以前の脂肪注入の方法ではしこりになるとよくいわれていました。
独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮脂肪を、無菌状態で注入。しこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました。

体への負担が激減


Tumecent methodによる脂肪吸引により、術後の痛みも軽度です。脂肪吸引箇所は痩身効果もあります。

脂肪注入による豊胸手術の詳細

来院前

手術後、車やバイク、自転車などの運転はできません。公共交通機関またはタクシーで来院ください。

抜糸、通院

あり(5~7日後)

手術時間

1時間

通院

2回(2~3日後にガーゼ交換、5~7日後に抜糸)

腫れ

腫れは1週間

内出血:人により内出血のため皮膚の色が赤紫色になることがありますが、2~3週間で取れますのでご心配ありません。

洗顔/洗髪/化粧:当日から可能(患部は濡らさずに)

激しい運動、強いマッサージ:1ヶ月お控えください

その他:ブラジャーは手術後1週間は、スポーツブラ、カップつきキャミソールなどを着用してください。手術後約1ヶ月間はワイヤー、カップなどのないゆったりしたものを着用してください。

よくある質問

昨日手術したばかりですが、脂肪吸引した箇所の傷口に血がにじんでいるようです。大丈夫でしょうか?

手術後傷口から浸出液(赤色)がガーゼに滲むことがありますが、特にご心配ありません。滲みが続く場合はタオルなどでガーゼの上から傷口を圧迫してください。

手術翌日ですが、サポーター外したいのですが、だめでしょうか?

内出血、腫れを防止するため、吸引部の ①ウエストバンド ②ガードル ③ストッキング ④サポーター と注入部のテープは次回来院(2、3日目)まで外さないでください。

更新日:

Copyright© 銀座ケラシアクリニック , 2019 All Rights Reserved.